pika510's diary

とりあえず…曖昧気分でWw

欠片

f:id:pika510:20160416230935j:plain

きっかけは
些細な事

仕事で話した

ただ話しただけだが
たまたまドライブ

初めての遠出はアクアライン

二度も道を間違えたw

風に吹かれながらも
探索し

アイス食べて

ガストで夜中の夕飯

からかってばかりいたな…

いまとなっては
記憶の欠片

あれは3月はじめだったな

お前は覚えてる?

幻…

f:id:pika510:20160416225715j:plain

雨の夜だった

濡れるのはわかってたが
外に出た

あの公園の桜が
無性に…見たくて

お前と待ち合わせたあの場所だったな


あれから…3年


時の流れは無情

桜だけが俺等をみてた夜

f:id:pika510:20160416230226j:plain

夕日

f:id:pika510:20150518000127p:plain


夕日の中で
煌めく残像

辺りは静粛で

この世に存在するのは
俺と貴女だけみたいな
錯覚におちる

有り得ないけどw

こんなに近くにいても
手を伸ばせなくて

伏し目がちで
チラ見するのが
精一杯

この一瞬が永遠になるなら
引き寄せるかもw

まぁ
無理な話さ

乱れ

もう
連絡途絶えて不安で
諦めて記憶から削除しようとした

とたん
矢の様に電話

今まで
どんなにメールしても
返信皆無

虚無やねw

数十回の不在電話

流石に無視も良心が痛み出た

『気にしてるから電話した』
『気にしてなかったら電話なんかしない』

それはLike だよね?
Love じゃないよね?

怖いから聞かない。

したい話は出来なくて
話をすげ替える話をしたら
意図的ではない
これが自分だからと云われた

真実って何さ?

分からんw
f:id:pika510:20150517153805j:plain

ただ心
乱れw

記憶

f:id:pika510:20150517013932j:plain

微かな記憶を辿ると

山の頂きに芸術を見た

黄昏る俺の背中に
残雪のいたづら

不意に冷たい風が吹く



隣に居た筈の貴女が
突然視界から消えて
内心焦る

頂きスレスレの岩壁で
貴女がゆっくり振り向いた

f:id:pika510:20150517014608j:plain

『消えたと思った?』

…いや…消えないだろ?…

『うん。大丈夫♪』

大空が蒼すぎるから…溶けるなよ…

心の中で呟いてたw

不思議の森

f:id:pika510:20150511003943j:plain


不思議の森に迷い混んで

声もあげられずに

君との
優しい幻想の記憶を辿る夢を見る

どんなに腕を伸ばしても

この手は…幻

この身は…蜃気楼

ただ
君の残り香だけが…漂う

Ww …

禁忌

駄目だと言われて

回りから疎まれても

進みたい場所も

逢いたい…人も

居る訳で


f:id:pika510:20150510005700j:plain


禁忌と言われても

俺が

俺だという証拠なんて

この胸の内側だけで

あって
無いような者かも知れないんだ



f:id:pika510:20150510005916j:plain



何処に向かうんだろ?


空虚のまま


気付かれないように
見つめるだけが

めいいっぱいの今…かもWw